迫りくる薄毛の嵐をなんとかしようとはじめた育毛剤。

基本的にどの育毛剤も毎日塗布することがすすめられていますので、手間がかかる分、誰でも効果をはやく実感したいと思いたいはずです。

では、実際に効果を実感するにはどれくらいかかるのでしょうか?

まず、最初に知っておきたいのは、現在発売されているどの育毛剤にも今日塗って明日生えるといった即効性は全くありません。

有名な育毛剤の説明書に書かれているめやすの効果実感期間は次のように書かれています。

  • リアップX5…4ヶ月~6ヶ月
  • チャップアップ…3ヶ月~
  • ポリピュアEX…6ヶ月~
  • M-1育毛ミスト…6ヶ月

このようにどれも数ヶ月単位での継続使用がすすめられています。

育毛剤によっては控えめに効果を宣伝している場合もあれば、少し大げさに宣伝している場合もあります。

たとえば、M-1育毛ミストを使っている人のブログによれば、5ヶ月目に効果が出たと書かれているので、メーカー想定よりも早く効果がでていることがわかります。

おおむね3ヶ月めをめやすに効果を計測してみることが最初のポイントになります。

ただ、この期間があれば、髪が目に見えて増えたのか?といえばそうではありません。

髪の毛は1日に0.1mmしか成長しないので、そもそも生えるスピードはゆっくりとしたものです。

特に薄毛の場合は、弱っている髪の毛の成長力を高める時間が必要にもなり、短期間では伸びる効果をほとんど実感できないでしょう。

では、具体的に3ヶ月までにどのような効果が一般的に期待できるのか、まとめてみると、、

抜け毛が減ってくる

薄毛は、今ある髪の毛の成長力が弱まり、成長途中であっても短いままで髪の毛が抜けてしまう頻度が増えることで進行してしまいます。

つまり、髪の毛を頭皮にキープする力が弱まってしまうのです。

特に短い抜け毛が増えている方は薄毛の進行がすすんでいるので要注意です。

育毛剤の使用によって、髪の毛に生える成分や栄養素などが供給されることにより、まず今ある髪の毛の抜け毛の数が減少していきます。

少し不健康だった髪の毛が健康になってキープ力がアップするわけです。

そのため、できれば育毛剤を使い始める前の抜け毛の数と3ヶ月後の抜け毛の数を比較してみるのがおすすめです。

難しいですが、寝起きの枕について抜け毛の数を比較するなど、ピンポイントで数えてみるとわかりやすいと思います。

頭皮の環境が変わる

薄毛と同時にふけやかゆみ、脂性や乾燥肌を併発している場合、それらの症状が育毛剤によって改善することが多くなります。

育毛剤には、髪に栄養を与える成分の他に頭皮環境を整える成分も配合されています。

頭皮の環境が健康でないことによって薄毛が促進されている場合もあり、頭皮の状態が使う前と変わっていたら、育毛できる環境も整いつつあると考えても良いでしょう。

薄毛の進行が現状維持を保っている

抜け毛が減るということは、残る髪の毛も増えるということなので、結果的に薄毛の進行が止まったようになります。

薄毛は

  • 今ある髪の毛が減る
  • 抜けた髪の毛から新しい髪が生えない

このループが進んでしまう進行性の症状です。

今ある髪の毛が強く太くなることで抜けにくくなり、残存性が高まることにより、薄毛の進行がストップしたようになるのです。

これら3つの効果が3ヶ月くらいで実感できていれば、育毛剤の効果がでているサインといっていいでしょう。