それでは、次に、育毛剤を半年間塗布し続けたら、どのような効果が出るものかを調べてみました。
もしかすると、3ヶ月でも産毛が生えてくる可能性もなくはありません。しかし現実に育毛剤の効果は、半年程度経ったときにわかりやすく現れることが多いようです。
使用している育毛剤が自分に合っているなら、半年後には、実際に髪の毛が増えてきた実感があります。
具体的には、産毛が生えてきて抜け毛も減るので、髪の毛が増えます。
半年経っても何の効果も見られない場合には、育毛に失敗したと考えるべきです。また、このときに頭皮が傷んでいたり、抜け毛が酷かったりする場合には、その育毛剤は自分に合っていないと言うことです。すぐに育毛剤の利用を辞めましょう。

ここまで使用して効果がなければ育毛剤使用をやめておいたほうがいい理由

このように、育毛剤が半年経ったときに効果が顕れるのには理由があります。
それは、この頃、育毛剤によって毛根部分が改善されるからです。
3ヶ月目に髪の毛がしっかりしてくるのは、頭皮環境が改善されたからでしたが、半年も経つと、育毛剤がしっかり真皮の毛根部分に到達してはたらきかけることにより、毛根の発毛機能が促進されます。
薄毛が進行している人の場合、頭皮の毛根が非活性化してしまっています。発毛を指令する器官である毛乳頭や毛髪を製造する部分である毛母細胞がその働きを失ってしまっている状態なのです。
そこで、育毛剤によって毛根に栄養成分を補給したり、血流を良くしたりして刺激して、正常な働きを取り戻させることにより、だんだんと発毛してきます。半年も経てば、髪の毛が成長して、生えてきたという実感がわいてくるのです。
髪の毛が生えて成長するサイクルのことをヘアサイクルと言いますが、育毛剤の効果は、このヘアサイクルと密接な関係があります。ヘアサイクルは、概ね次のようになっています。

  • 成長期が2~6年
  • 退行期が2~3週間
  • 休止期が3ヶ月

このように、髪の毛は、一定のペースで生え続けるわけではありません。退行期や休止期もあります。
特に、休止期があるため、育毛剤を塗布してから最低3ヶ月は使い続けないと、ほとんど効果は見られないのです。そして、目に見えて効果が顕れるためには、やはり半年くらいかかってしまうのです。
反対に、半年経っても何の効果もない場合や、かえって抜け毛が増えるような状態なら、それはその育毛剤が自分に合っていないと言うことです。