育毛剤を塗布し続けて半年後には本当に改善されるのか?

それでは、次に、育毛剤を半年間塗布し続けたら、どのような効果が出るものかを調べてみました。
もしかすると、3ヶ月でも産毛が生えてくる可能性もなくはありません。しかし現実に育毛剤の効果は、半年程度経ったときにわかりやすく現れることが多いようです。
使用している育毛剤が自分に合っているなら、半年後には、実際に髪の毛が増えてきた実感があります。
具体的には、産毛が生えてきて抜け毛も減るので、髪の毛が増えます。
半年経っても何の効果も見られない場合には、育毛に失敗したと考えるべきです。また、このときに頭皮が傷んでいたり、抜け毛が酷かったりする場合には、その育毛剤は自分に合っていないと言うことです。すぐに育毛剤の利用を辞めましょう。

ここまで使用して効果がなければ育毛剤使用をやめておいたほうがいい理由

このように、育毛剤が半年経ったときに効果が顕れるのには理由があります。
それは、この頃、育毛剤によって毛根部分が改善されるからです。
3ヶ月目に髪の毛がしっかりしてくるのは、頭皮環境が改善されたからでしたが、半年も経つと、育毛剤がしっかり真皮の毛根部分に到達してはたらきかけることにより、毛根の発毛機能が促進されます。
薄毛が進行している人の場合、頭皮の毛根が非活性化してしまっています。発毛を指令する器官である毛乳頭や毛髪を製造する部分である毛母細胞がその働きを失ってしまっている状態なのです。
そこで、育毛剤によって毛根に栄養成分を補給したり、血流を良くしたりして刺激して、正常な働きを取り戻させることにより、だんだんと発毛してきます。半年も経てば、髪の毛が成長して、生えてきたという実感がわいてくるのです。
髪の毛が生えて成長するサイクルのことをヘアサイクルと言いますが、育毛剤の効果は、このヘアサイクルと密接な関係があります。ヘアサイクルは、概ね次のようになっています。

  • 成長期が2~6年
  • 退行期が2~3週間
  • 休止期が3ヶ月

このように、髪の毛は、一定のペースで生え続けるわけではありません。退行期や休止期もあります。
特に、休止期があるため、育毛剤を塗布してから最低3ヶ月は使い続けないと、ほとんど効果は見られないのです。そして、目に見えて効果が顕れるためには、やはり半年くらいかかってしまうのです。
反対に、半年経っても何の効果もない場合や、かえって抜け毛が増えるような状態なら、それはその育毛剤が自分に合っていないと言うことです。

育毛剤を塗布し続けて1ヶ月後にはどういう変化が起こるのか?

育毛剤の仕組みについては理解できて、納得することができたのですが、そうだとして、育毛剤は、どのくらいの期間塗布すれば実際に効果が現れるのかが知りたいと思いました。
そこで、今度は、育毛剤の効果が現れるまでの期間と、効果が出ているかどうかの見分け方を調べることにしました。
まず、1ヶ月間で、育毛剤の効果は顕れるものなのでしょうか?
これについての答えは、NOです。
髪の毛というものは、3年~5年もかけて成長していくものです。そこで、育毛剤を使ったからと言って、1ヶ月などの短期間で急に髪の毛が生えてくることはあり得ません。
また、場合によっては、好転反応とか初期脱毛と言って、育毛剤の使い始めにかえって脱毛が起こることもあるようです。
ただ、一ヶ月目で、ある程度成功か失敗かは、見分けることはできます。
そのためには、

  • 頭皮のフケがでなくなって、乾燥肌が改善されたかどうか
  • 乾燥肌が改善されてかゆみがなくなったかどうか
  • 脂性肌が改善されたかどうか
  • 髪の毛にコシが出てきたかどうか

などのチェックポイントによって判断できます。
あくまでも主観の判断になりますが、日々の頭皮の状態を観察し、頭皮が潤いをもったようになっていたり、髪の毛にコシが出てきていれば、自分にその育毛剤が合っていると言うことなので、効果が出ているということです。

育毛剤が毛根に流れ着いていくまでの流れを解説してみた

育毛剤を頭皮に塗ったとき、どのような部位を通って毛根や毛乳頭の部分まで到達していくのか、その流れを調べてみることにしました。
頭皮には、表皮部分と真皮部分があります。。
表皮は、厚さ0.1~0.3ミリなので、サランラップほどの厚さしかありません。
しかし、その中に角質層(角層)・顆粒層・有棘層・基底層があり、かなりの多層構造になっています。
しかも、この表皮部分は、とても液体が浸透しにくい性質を持っています。

表皮部分は人間の身体を外部の侵襲から守る働きをするので、外からの侵入を簡単には許さないようにできていて、また、体内からの水分蒸発も防ぐ役割をしています。
育毛剤は、このような表皮のバリア機能をクリアして、表皮に浸透し、真皮に到達していきます。
真皮は、厚さ2~3ミリ程度あるので、表皮より厚いです。コラーゲンとエラスチンでできています。エラスチンというのは、繊維状の物質で、コラーゲンを支えています。その隙間にヒアルロン酸などがあります。
真皮層は、体内の水分を保持して肌のハリや弾力を保っています。
そして、真皮層には育毛のために重要な役割を持つ毛根や毛細血管があります。育毛剤はこのような部位を通過してくるのです。

結果的に何%くらいが毛根にたどり着いているのか?”

それでは育毛剤を頭皮に塗布するとき、実際に何%くらいが実際に毛根部分にたどり着いているのかを調べてみると…。
これについては、育毛剤によって様々なようです。
そもそも浸透しやすい育毛剤とそうでない育毛剤があります。
また、利用方法によっても浸透率が異なります。
きちんと清潔な状態にして、毛穴も開いた状態で育毛剤を塗布したら、浸透しやすくなりますし、そうではなく、悪い条件で塗布したら、浸透率は落ちます。
ただ、どちらにしても、育毛剤の全部が毛根に到達することはなく、数10%は気化したりして、失われてしまうようです。
それでも、残りの部分がしっかり到達していれば、育毛効果が期待できるように、育毛剤は作られているのです。

育毛剤は毛のどの部分に対してアプローチしているのか?

育毛剤は、頭皮の中のどの場所まで浸透すれば効果が発揮されるのでしょうか?
これについては、髪の毛が生える仕組みと関係しています。
人間の髪の毛は、皮膚の表面にでている毛幹の部分と、皮膚の内部の毛根の部分に分けることができます。育毛を考える場合には、毛根部分が重要です。
毛根の根本の部分が毛球で、その真ん中にあるのが毛乳頭です。
髪の毛が生えるためには、毛乳頭に栄養が吸収されて、毛球とその中の毛母細胞に運ばれて、さらに細胞分裂が繰り返し起こることが必要です。
このようにして毛髪の基礎が作られたら、それがだんだんと上がってきて髪の毛が生えてくるのです。
そこで、育毛剤は、この毛乳頭や毛球の部分にまで到達する必要があります。
これらは、真皮の部分に存在します。

到着してから育毛剤はどういう働きをしている?

次に、育毛剤が毛球や毛乳頭に到達したあと、どのような働きをしているのかを調べてみました。
育毛剤にはいくつかの働きがあるようですが、大きく分けると、以下のようになります。
まずは、血行を促進することです。毛根の血管を広げて血行をよくします。すると、栄養分が行き渡りやすくなって、発毛や育毛が促進されます。
次に、育毛剤は栄養を与えます。髪が生えて成長するためには、栄養が必要なところ、育毛剤は毛根へ栄養を与えてくれるので、発毛や育毛の効果が期待できます。
さらに、髪の毛を保湿する効果もあります。このことによって、乾燥したフケが毛穴に詰まってしまうおそれがなくなりますし、頭皮の炎症を抑えたり、傷んだ頭皮を修復したりする効果もあります。
毛根部分に溜まってしまった余分な皮脂を除去して、毛穴の詰まりを解消する効果もあります。このことで、髪の毛が外に向かって生えやすくなります。
男性ホルモンの分泌を抑える働きをするものもあります。
これらの働きは全ての育毛剤で同じかといえばそうではありません。ネット通販されている代表的な育毛剤の2つの例を紹介しましょう。

チャップアップ

合計83種類の成分が含まれているという驚異的な成分数の育毛剤。では、どのような働きをしているのかというと、栄養を与えることはもちろん、保湿、炎症を抑える効果がある成分が配合されています。
特に栄養については、天然果実や漢方成分が配合されていることで、多種多様な成分を吸収することができます。ただし、傷んだ頭皮の修復や男性ホルモンの分泌を抑えるまでの働きはありません。

ポリピュア

こちらの育毛剤は、少々変わっています。合計10種類の成分と、チャップアップに比べると少ない成分数ですが、その中の一つ、バイオポリリン酸という酵母成分が、毛乳頭に届いて発毛命令を促すということが書かれていました。ポリピュアの公式サイトでは、ここまでのことしか書かれておらず、メカニズムがよくわからなかったので、もう少し詳細に調べてみたところ、ポリピュアの愛用者のページ

「バイオポリリン酸がFGFという発毛を促すタンパク質を毛乳頭に送り届け、それを維持させることによって髪が生える」

ということが書かれています。これは単なる栄養成分というわけではなく、髪の毛を発毛させるための遺伝子レベルの作用といったらいいのでしょうか?これはバイオポリリン酸特有の働きなのだそうです。その代わり、ポリピュアには保湿、炎症を抑える成分は一応配合されていますが、栄養という面では、あまり入っていないと言わざるをえないでしょう。まさにアプローチ方法がかなり限定的な育毛剤といえそうです。

以上のようなことから例を見ても、育毛剤という広い視野で見たら、様々な働きをしていますが、個々のブランドを見ると、それがごく一部であったり、ほぼ全ての働きをカバーしているなど、かなり格差があるようです。それぞれの特性や働きを見極めて育毛剤を選ぶことが大事だということがわかりました。

塗布した育毛剤はどこに消えているの?

育毛剤の効果を確かめるためには、育毛剤によって髪の毛が生える仕組みを知らなければなりません。
そこで、育毛剤がどのように頭や髪の毛に働きかけて、髪の毛が生えてくると言うのか、その仕組みを調べてみました。
そもそも、育毛剤を頭の表皮に塗って、頭皮の下から髪の毛が生えてくるということが不思議です。そのようなことが起こるためには、育毛剤が、頭皮の下の方まで浸透して、どこかに働きかけているはずです。もし、表皮だけにとどまっていたら、表皮の下から髪の毛が生えてくるはずがないからです。

そこで、まずは、育毛剤が表皮の下のどこまでどのようなルートで浸透しているのかを調べてみました。

まずは頭皮の構造について調べてみる

頭皮は、外側から見て、表皮→真皮→皮下組織という3層からできています。
表皮はとても薄い膜で、厚さは0.1~0.3ミリしかありません。表皮の中でももっとも外側にあるのが、「角質層(角層)」です。外側から角質層(角層)・顆粒層・有棘層・基底層という並びになっています。そこで、育毛剤が浸透するときも、この流れで浸透していくことになります。
毛髪を増やすには、表皮より下の真皮に到達する必要があります。

真皮は、表皮の下にあり、コラーゲンとエラスチンという物質からできています。厚さは2~3ミリ程度あるので、表皮よりかなり厚いです。皮膚の95%に及ぶので、皮膚の大部分を占めていると言えます。
そして、毛根はこの真皮の部分があります。その他血管や神経、リンパ管、皮脂腺、汗腺なども存在します。育毛剤は、表皮から真皮へと浸透していくのです。

育毛剤は気化しないのか?

育毛剤は、表皮を通り抜けて真皮にまで達する必要があります。
そうだとすると、今度は、育毛剤を頭皮に塗ったら、浸透していく前に気化してしまうのではないかが心配になりました。
実際、育毛剤はアルコールが使われているので、条件が悪いと気化してしまうようです。
たとえば、入浴後で身体が温まっているとき、あまりに熱くて頭がほてっているような状態で育毛剤を塗布すると、せっかくの育毛剤が気化してしまうのでなかなか浸透せず、効果が薄らぐということです。
育毛剤を頭に塗るときには、身体を少し冷ましてからにした方が良さそうです。

毛穴が詰まっていても育毛剤は浸透するのか?

さらに、毛穴が詰まっていたら育毛剤が浸透しないのではないかが気になったので、調べました。
確かに、毛穴が詰まった状態で育毛剤を塗っても、浸透しにくいようです。
育毛剤を効果的に使うためには、頭の毛穴を清潔にして、充分に開いた状態で塗布する必要があります。
まずは、きちんとシャンプーをして、頭皮を清潔な状態にします。このとき、あまり強くこすると頭皮を傷めてしまうので、優しく洗わなければなりません。
そして、シャンプーを丁寧に落とします。シャンプー液が残っていると、髪の毛や頭皮を傷めてしまうので、注意しましょう。
さらに、タオルドライをして、ドライヤーできちんと乾かすことも大切です。このとき、髪が抜けることを気にしてドライをしないと、逆に悪いそうです。
このようにして頭皮を清潔にして、毛穴が充分開いた状態になったら、育毛剤を優しく塗布していきます。これが効果的な育毛剤の使い方です。